tatsutomo’s blog

夫婦でカウンセラーを目指しているtatsuとtomoのブログです

良いカウンセラーに出会うと人生が変わる

こんにちは!tatsuです。

なんとtatsuは風邪をひいてしまいました。おとといから喉に痛みが・・・。しんどいです・・・。とりあえず病院で薬はもらってきたので、あとは安静にするだけです。

この時期は風邪になりやすいので気をつけましょうね!

f:id:tatsutomoblog:20161023093543j:plain

今回はカウンセリングについて、少しだけ思っていることを書きたいと思いました。

カウンセリングというと、精神的異常者や弱者が受けるもののように思われがちですが、実はそうではないのです。健康な人でも心が辛くなったり、誰にも相談できない悩みを持っていることがあります。そういう人がカウンセリングを受けることによって自分の問題を客観視できるようになり、また自分には理解者がいるという安心感を得ることができます。自分の心の問題を言語化し、誰かに受け止めてもらうと楽になります。だから一人で問題を抱え込まずにカウンセリングを受けてもらいたいのです。

僕は良いカウンセラーに出会うことができました。そしてこの出会いは自分にとって財産だと思っています。カウンセラーに出会わなければ、今のように自由に生きることはできないと思うからです。僕たち夫婦は同じカウンセラーからカウンセリングを受けているのですが、何か問題があると相談するようにしています。何かがあったときに相談できる人がいるというだけで人生変わってきます。結果、僕たちは問題を抱え込まないので幸せな夫婦関係を築くことができています。

最近残念な話を聞きました。心に問題を抱えた人が無料カウンセリングを受けに行き、「苦しいのはあなただけではない。みんなも苦しいんだ。」とカウンセラーに言われてしまい、カウンセリングを受けに行くのを辞めてしまったという話です。

カウンセラー自身が苦しんでいると、クライアントに「苦しんでいるのはあなただけではない」と言ってしまうかもしれません。カウンセラーは自分自身の内なる問題を解決した上でカウンセリングをしないと、カウンセリング中に自分の問題が出てきてしまいます。

僕はカウンセリングはカウンセラーの人格にかかっていると思っています。どんなに知識があって、聞上手でカウンセリングのテクニックを持っていたとしても、カウンセラーの人格に問題があれば安心して話すことはできません。カウンセラーを信頼できるかできないか、クライアントは直感で判断できると思います。

良いカウンセラーは私たちの心で起こっていることを言語化し、深いところまで理解してくれます。そしてそんなカウンセラーに出会うと人生が変わります。

心の問題を解決するのは自分自身です。カウンセラーはそれに少し手助けをするだけです。その手助けがあるのとないとで人生が変わってきます。

日本がもっと気軽にカウンセリングを受けることができる社会になってほしいと切に願っています。

 

tatsu

マズローの欲求段階ー自己実現ー

こんにちは!tomoです。かなりのお久しぶりです。

f:id:tatsutomoblog:20161021204355j:plain

 

いやぁ、とてつもなくチャレンジングな日々を送っております。

大学院も、10月から始まった新しい仕事も、どちらも非常に楽しい!んですが、どちらも予想をはるかに超える密度とボリュームで、頭からプシューっと出ております。

ただ本当にいい教授陣に恵まれて、初めから容赦ない課題の嵐で鍛えてもらって、勉強に純粋に没頭できるのは幸せなことだなと思います。

tatsuと毎日いろんなことを語り、ヒーヒー言いつつも、一緒に学べる喜びを感じています。

 

 

マズローという人が発表した「欲求段階説」というものがあります。

人間の欲求は基本的に5段階あって、段階を追って満たされ、下位の欲求が満たされると次の段階の欲求が表れてくるという考えです。

①生理的欲求(食欲、睡眠欲など、生きるための基本的、本能的な欲求)

②安全欲求(健康、経済的安定、危険のない生活など、最低限の衣食住を維持したい欲求)

③社会的欲求(社会に属したいという欲求)

④尊厳(承認)欲求(他者から認められたい、尊敬されたいという欲求)

自己実現の欲求(自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、「あるべき自分」になりたいという欲求)

※これに6段階目の「自己超越の欲求」というものもあります。

 

この5段階目の「自己実現」を達成した人はこんな特徴があるんだそうです。

ある本に特徴があげられていたのでご紹介します。

 

自己実現を達成した人の特徴

・現実を効果的にとらえ、あいまいさに耐えることができる。

・自分や他者を、あるがままに受容できる。

・思考や行動が自発的である。

・自己中心的であるよりも、むしろ問題中心的である。

・ユーモアのセンスがある。

・非常に創造的である。

・無理に方を破ろうとはしていないが、文化に順応させようとする力には抵抗する。

・人類の幸福には関心がある。

・人生の基本的な経験にたいして、深い理解をもつことができる。

・多くの人とよりは、むし少数の人と深く充実した人間関係を築いている。

・人生を客観的な見地からみることができる。

         - 「心理学」(無藤隆/森敏昭/遠藤由美/玉瀬耕治, 2004)

 

何個当てはまりましたか?

マズローの言った自己実現という言葉は、何か大きなことを成し遂げるというよりも、「心理的に満たされた状態」のことを言っているようですね。こんな状態でいられたら幸せそうですよね。

 

相手のことも、自分のことも、また周りの出来事も、ありのままを受け入れられる。

また何か問題がある時は人と物事を切り離して考えられる、客観的に考えられる。

そして、愛そのものについて、人の気持ちに対して深く感じる力があり、愛する人とのつながりや絆を大切にすることができる、そういう人のことを言っているようです。

人間として、幸せな状態とはこのような生き方なのかなと思う今日この頃です。

 

現在、アタッチメント(愛着)形成について特に掘り下げて研究していますが、子育てなど子どもとの関係の中で、親の心理状態というものが子どもにものすごく影響を及ぼすことが、自分のセラピーでの体験だけでなく、知識としてもはっきりとわかってきました。

それはお腹の中にいる時から始まり、お母さんのストレスや精神状態お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすのだそうです。またその後の発達において、虐待などを体験した場合脳の発達にも関係が出てくるということもわかってきました。

日々クラスメイトと熱い議論をオンライン上で交わしていますが、多くの場合の着地ポイントは、「親がまず、認められ、許され、褒められ、愛情を受けること」がどれほど重要であるかということです。

愛は体験してはじめて自然にあふれてくるようになるものです。どんなに育児本や心理学の本を読んで知識を増やしても、心のタンクがカラカラであれば、目の奥・体の内側から温かいものは流れていきません。

マズローの言った自己実現の状態は、心のタンク状態をチェックできるいい指標かなと思いました。

 

tomo

お母さんの心のケア

こんにちは!tatsuです。

 

最近tatsuもtomoも大学院の課題に追われています。読まなければならない本が多く、仕事と勉強の両立ができるように工夫しなければなりません。大変だ!

発達心理学の勉強中に見た感動的な動画をこのブログで紹介したいと思いました。3年前の動画でかなり有名なものみたいです。


Emotional baby! Too cute!

赤ちゃんがお母さんの歌を聴いて泣いています。そしてこの動画を見て僕も泣いてしまいました(笑)とても感動的なシーンです。赤ちゃんは何で泣いているんだろう?何を感じているんだろう?お母さん歌上手!!いろんなことを考えながらこの動画を見ていました。

赤ちゃんは普通は「お腹すいたよ〜」とか「眠いよ〜」など、養育者にサインを送るために泣きます。しかし、この赤ちゃんが流している涙は母親の歌声による感動の涙です。

でも・・・この涙はただ単に母の歌声に感動したというものではなく、いろんな感情が含まれているように僕は思います。それは母親が自分のために歌ってくれているという安心感、愛です。

大学院では赤ちゃんに関する他の動画も見たのですが、赤ちゃんが人の感情をキャッチし、周りの人間の変化に素早く気づいていることがわかります。赤ちゃんの反応の早さには驚きました。この動画のように、お母さんの愛を赤ちゃんはしっかりキャッチして成長しているんですね。

今、アタッチメント(愛着)の形成について勉強をし始めています。アタッチメントとは乳幼児期に特定の養育者(多くの場合は母)と結ぶ絆のようなもので、これがその人の人格に大きな影響を与えます。「子育ては3歳までが大事」と言われているのはアタッチメントの形成がその時期に当たるからです。

大学院で勉強すればするほど、赤ちゃんを育てるお母さんの心のケアがとても大事なことだと気付きます。なぜなら、母が子どもを愛するためには母自身が誰かに愛される必要があると思うからです。母にとって父のサポートはもちろんのこと、地域社会のサポートもとても大切。お母さんに優しい社会になってほしいものです。

お母さん、休めていますか?ストレスを抱えていませんか?お母さんの心をサポートするのもカウンセラーの仕事だと思います。辛いときはカウンセラーに頼ってください。苦しみを話して理解してもらうと心は癒されます。

世の中のお母さんたちが安心して子育てできるような社会になりますように。

 

tatsu

子どもの声を聞き、サポートする

tatsuです。

 

2日間の文化祭と同時に僕の仕事のピークも終わりました。文化祭の準備、そして本番。そこには感動しかありませんでした。

f:id:tatsutomoblog:20161003095742j:plain

今年の文化祭は各学年が力を込めて最高の舞台を披露してくれました。僕が今担当している学年も、そして僕が過去に担当した学年の生徒たちも、見ていて引き込まれる演技をしていました。思わずその姿に涙してしまいました。本当に素晴らしいの一言です。

僕は趣味でサックスを吹くので、今回はサックス四重奏というものに初めて挑戦しました。メンバーは僕(テナー)と同僚の先生(バリトン)、音大に進学した卒業生(ソプラノ)、そして僕のホームルームにいる現役中学1年生の生徒(アルト)の4人。たった2曲の演奏でしたが、演奏しているときは幸せな気持ちでいっぱいでした。

子どもはすごい早さで成長します。今回、サックス四重奏を通して最初は全く譜面を見て吹けなかった生徒が数ヶ月の練習で吹けるようになり、観客を魅了しました。子どもの吸収力とエネルギーに驚かされる文化祭となりました。そしてその成長が人を感動させます。

急速に成長する子どもたちをどのように育てたらいいのでしょうか。僕は学校で働いていて、子どもたちの子育てに悩んでいる保護者の方々とよく話します。僕はまだ子どもを育てたことがないので分からないことだらけ。なかなかその悩みをわかってあげられないのも事実です。

今回、このサックス四重奏で一緒に演奏した中1の生徒のご両親は僕にとって一つのモデルになっています。それは子どもの声を聞いて、子どもが欲していることをサポートしてあげる。子どもが野球をしたいと言ったら野球ができるようにサポートする。サックスが吹きたいと言ったら、吹けるようにサポートしてあげる。のびのびとやりたいことをやらせてあげる。そのお父さんは子どもがサックスを吹きたいと言った後、サックスをネットオークションで2本買って息子と一緒にサックス習いに行ったそうです。それを聞いて素敵なお父さんだと思ったし、自分もそういう父になりたいと思いました。

子育てというと何だか難しいようなイメージがありますが、実はとてもシンプルなのかもしれません。子どもの声を聞く。そしてそれをサポートしてあげる。ひょっとしたら子育てはそれだけなのかもしれません。

例えば「学校に行きたくない」と子どもが言った時、どうして行きたくないのか聞いてあげる。そして先生やスクールカウンセラーに相談して学校に行けるようにサポートしてあげる。子どもの声に耳を傾け、親としてできる限りのサポートをしてあげると子どもは親を信頼します。自分は愛されていると感じるからです。

子どもが明らかに間違っていることは軌道修正してあげる必要があると思うし、親としてサポートできないこともたくさんあると思います。僕も子育てを初めたら色んな問題と向き合うんだろうなと覚悟しています。

これから大学院でより詳しく子育てについて学ぶ予定です。ここで学んだこと、感じたことをシェアできたらなと思っています。

 

子どもの成長は感動しますね。教師としてその感動の場にいられることに感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたち、ありがとう。

 

tatsu

幸せな結婚生活の秘訣②

tomoです。少しずつ涼しくなってきましたね。秋の風が心地よいです。

f:id:tatsutomoblog:20160925211220j:plain

幸せな結婚生活の秘訣、2つ目です。

 『自分が変化しなくてはいけない場合に変わることを選べるか』

 

自分にとって耳の痛いことを言われた時・・・図星だとは思っても自分の非を認めるのはとても難しいことですね。
自分の非を認めるということは、「自分は、間違いを犯すこともある不完全なものである」ことを認めることだからです。
それは人間にとって、と~ても難しいことだと思います。人間なかなか自分が間違っていると認めたくないものです。


しかしそれにも関わらず、愛する人のために自分が変化することを選ぶということは、それ自体が大きな愛情です。

自己保身ではなく、愛するために変わることを選ぶこと ー これはよい結婚生活にはとても重要です。

 

相手に何らかの変化が望めない場合、私たちは「諦める」「待つ」「我慢する」あたりの妥協点で終わることが多いでしょう。相手は変わる可能性がないのに、期待して話し合いを続けられるようなエネルギーって、相当なものだと思います。ふつうは挫折して当たり前だと思います。

 

私たちは、このような場面でこのようにしています。

  1. 言いにくいことを言う側は、一呼吸おいて気持ちを落ち着かせ、相手にどんな言い方で言えば一番愛情が伝わりやすいか考えてみる。
  2. 聞く側は、自分を防御するのでなくとりあえず素直に全部聞く。
  3. なぜその話に至っているのかの気持ちも話す。
  4. 自分が間違っていたと思った場合は、素直に謝る。
  5. 今後どのように改善していくべきかを話し合い、折り合いをつける。
  6. 相手に感謝し、愛情を示す。

これはカップルによって、方法はさまざまだと思います。

どんな形であれ、お互いにこういう方法がうまくいくというものを見つけていけることが重要だと思います。

 

最初は難しいと思えるかもしれませんが、長い幸せな関係を築く上で
この2つはとても大事なことだと思います。
カップルだけでなく、すべての人間関係で言えることだと思います。


幸せな笑顔が1つでも増えますように☆

 

tomo

 

夢理論

tatsuです。


f:id:tatsutomoblog:20160923185000j:plain


久々の投稿になりますね。今、学校は文化祭シーズンでとても忙しく、大学院の課題もあり、なかなかブログの記事を書けない状態です。今週と来週を乗り越えれば少し仕事は楽になりそうです。それまでがんばるぞー!

先週末から大学院の授業が始まり、臨床心理学の基礎を学び始めました。授業では最初から実践的な話が出てきます。将来カウンセラーになる前に、どんなクライアントを治療することになるのか、授業を聞いているだけでイメージが膨らみます。僕が学びたかったことなので、本当にこの大学院にしてよかったんだと思いました。

学びたいと思った時に、学びたいことを良い環境で学べるのは本当に感謝です。夫婦で同じ環境で学べることも感謝です。教授陣からはすぐに名前を覚えてもらえます(笑)

授業で気になったのがフロイトの「夢理論」。自分が普段抑圧している無意識を映像化したものが夢で、それを分析すると自分の問題の理解につながるというもの。どうやって分析するのか知りたい(笑)

人の心って奥が深いですね。夢も身体のバランスを保つためにあるのですね。



数ヶ月前、こんな夢を見ました。

自宅のリビングの床に大きな穴が開いて、そこからロバとキリンの赤ちゃんが入ってきて、僕が部屋から追い出そうとしても離れようとせず、ロバとキリンが入ってきてもtomoは平然と部屋の掃除をしているという(笑)

あまりにもインパクトが強かったので鮮明に覚えています。夢はどれだけ覚えているか、そしてその夢を見たタイミングも大事な要素みたいです。

どういう意味があるのだろう。分析してもらいたいです(笑)



これからどんなことを大学院で学ぶのか、ワクワクします!


tatsu

初めての授業が終わって

こんにちは。tomoです。
tatsuは1年で一番忙しい時期なので、再び私の番です。

f:id:tatsutomoblog:20160915105922j:plain

この3連休は、初めてのスクーリングに東京へ向かい、台風で大雨洪水警報の中を帰ってきました。

期待をはるかに超える、本当に濃度300%超えの密度の濃い3日間でした。

全国から25名の志の高い、熱い思いを持った方が集まり、
非常に刺激的なクラスメイトに囲まれ、これから3年間を過ごせることに感謝しました。

授業は温かく自由闊達な雰囲気の中、コメントも質問もじゃんじゃん出ますが、先生はすべての質問コメントに真摯に答えてくださり、熱いボールの投げ合いがとどまることなく続いた3日間でした。
「多様性と共に学び合うこと」を重んじる学校の特色がはじめから色濃く感じました。
内容は難しい精神分析論という、フロイトやクラインなどの理論を学ぶ授業もありましたが、すべての授業が臨床に基づいた話で展開され、教授陣は米国で心理を学んだ方ばかりなので、実際の臨床現場での話、日本と米国での違い…などを元に、様々なトピックについて話し合いました。

また、はじめのクラスからお互いに相手を受け入れ、受け入れ合うあたかかい雰囲気があり、安心して本音を言い合える、とてもよい雰囲気のクラスでした。
笑いも涙もシェアし、同じ目的のためにチームとして力を合わせていく、生涯に続く仲間が与えられたことに心から感謝でした!

基本はオンラインで学ぶので、ディスカッションや課題提出などはポータルサイト上で行われ、一人静かになって自分を見つめ、感じたり考えたりしながら、同時にクラスメイトとつながりながら学べます。
また、米国の文献データベースにアクセスできるという、まさに「知の宝庫」への鍵を渡されました!
もうこれからは、ありったけの時間を使って知の宝庫の中を探究したいと思います。

日本の大学院の中でも、非常に厳しい我が大学院。
この難関をくぐりぬけた先には今とは違った自分が待っていることを信じて、山を登ろうと思います。


今回先生方の授業や言動から深く感じたこと。

言葉をつむぐことの大切さです。

心の中の動き、繊細な気持ちの描写、相手への理解の表現…などなど
言葉で言語化することは大きな役割となるため、言葉をつむいでいくことの大切さを実感しました。

「美しい言葉を世界に届けたい」 

これは、今までの私の仕事における大きな動機でした。今後もこの『言葉』を使って人のために役に立つことができるんだ!という大きな発見に、胸が躍りました。

心の繊細な世界をスラスラと話す先生と比べ、まだ言葉が出てこない私・・・

心の世界を美しい言葉で表現する芸術家になれるよう、今後の成長に期待したいと思います^^


tomo