tatsutomo’s blog

夫婦でカウンセラーを目指しているtatsuとtomoのブログです

父の愛

こんにちは。tomoです。

実は私の父が約1か月前に天国に行きました。今日は、私の父のことを話したいと思います。

f:id:tatsutomoblog:20171031145540j:plain

父は、約12年前に現代の医学では解明できない難病を発症しました。それからの人生はとてもつらいものだったと思います。病名のわからない中でどんどん体は弱くなり、最後の3年ほどは歩けない生活でした。人の助けなしには生きられない生活に、プライドも傷つき、生きる意味を失っていた時期もあったと聞いたことがあります。父は「死」を目の前にして、人生が変わった人の一人でした。

自分の人生を振り返り、自分の心の貧しさ、醜さ、高ぶりによって多くの人を傷つけてきたんじゃないかと大きな反省をしたと後から教えてくれました。人生にとって一番大事なものは何か、家族ではないか。愛することではないか。自分は親に十分愛されなかったけど、それでも妻、子どもたち、家族に愛を残していこう、と決心してくれた父でした。また多くの若い人たち父親になろうとした人でした。

その後、晩年の父は愛そのものでした。父のどこを切っても、父から流れてくる、溢れてくるものは愛でした。父は、本当に私たち家族、また回りを大きな愛で包んでくれました。

「今まで父親としてちゃんと果たせてこれなかったことごめんな」、「お前の幸せを一番願ってるよ」、「tatsuと勉強も将来も2人で頑張れ」 最期までそんな言葉を何度も何度もかけてくれました。

亡くなる3日前、声が出なくなりましたが何か言いたそうでした。動かないはずの手を最後の力を振り絞って動かして、私の頭を撫でてくれました。最期まで「ありがとう」、「愛してる」とつぶやいていました。そして亡くなる数日前は、離れていた家族が1つになるようないくつもの奇跡を見届け、「よかった」と最後の言葉をはっきりと言い、安らかに天国に凱旋していきました。

父はいつも自分のことよりも、人の幸せを、家族が一つになること、愛を与えることを願う、そういう人でした。また目立つことより、弱い人の友達であることを望んだ人でした。

父親として、最高のものを残してくれました。

愛・笑顔・励まし・優しさ・与える心・・・

人としてこれが生きるべき道なのだと父を通して思わされました。

私も父の意志をしっかり受け継ぎ、これからそのように生きていきたいなと思います。

葬儀は、父の描いた油絵やスケッチを会場に飾り、父がしたかった個展のような葬儀になりました。多くの親しい方が来てくださり、父の人生を想い、残したかった思いを一緒に味わう温かい時間となりました。

去年の最後の誕生日に残した言葉が遺言のようでしたので、少し紹介させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「人間っていうのは、与えられた時っていうのを神様の御心と逆の方向、逆の方向に向かっちゃって、いまだに戦争が絶えなくて、一日何人死んでるってニュースばっかりで、もうお先真っ暗で、「こんなことのために世の中あるんじゃないよね」ってつくづく思うんだけれど、家族でさえほんとに一つになれないんだけど、神様から創られた存在だってことをけして忘れちゃならない。御言葉に「汝の隣人を愛しなさい、汝の敵を愛しなさい」、これが御言葉の本当の姿(真相)かなっと思って。あなたの隣人は 家族かもしれないし、あなたの敵はあなたの会社の同僚かもしれない。そういう時に人間の心が変わってその相手を思いやる優しい心があれば、問題はすべて解決できる。

暗闇の世界に自分を置くのではなくて、そういう心を持った人がどんどん どんどん増えて、池に広がる輪のように世の中が変わるためのインパクトを与える存在になればいいなと。やっぱ本当の姿じゃないとね。本当に神様はその人一人一人の心を大切にされるお方だから、その心がどうであるかということをいつも気にされるお方だと思うのね。もう心の中まですべて見通されてるんで。だから、どんな時でも大切で、悪い結果も、良い結果も、それを超越した方に委ねることができるんだ。悪い結果もそれは神様の一つの目的だと感じれば、後になって「ああ、あの時あのことがなかったら、今の自分がない」って思える日が来る。だからそれがすべてじゃないかなとおもいます。それだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父は今、痛みも苦しみもない天国で、きっと踊りあがって喜んでいることでしょう。また会える時まで…天国で大きなFamily partyをするのが楽しみです。

 

Thank you for your great love, I love you from the depth of my heart, my dearest dad now in heaven...

 tomo

静かな朝 〜quiet time〜

tatsuです。

台風大丈夫でしたか?今朝、風の音で起きました。みなさんが無事でありますように。

僕は忙しい日々を過ごしています。大学院2年目になり、課題の量が一気に増えました。仕事と大学院の両立は簡単ではないですが、妻のtomoや同期と一緒に乗り越えたいと思います。がんばるぞ!

f:id:tatsutomoblog:20171023160910j:plain

ブログを更新するのにだいぶ時間が経ってしまったのですが、この数ヶ月の間に本当に色んな変化がありました。生活習慣の変化、人間関係の変化、本当に色々です。

今日は僕の生活習慣の変化について紹介します。

 

①テレビを見ない

部屋の模様替えをして、リビングからテレビを移動させました。何か特定の番組が見たいわけでもないのに家に帰るとついつい電源を入れてしまうテレビ。見始めてしまうと止まらなくなってしまうこともあり、我が家のリビングに必要ないと思ったので寝室に移動させました。見たい時には寝室に行けば見れるのですが、自然と見なくなりました。特に問題を感じることなく、むしろテレビがない方が良い生活できることに気づきました。

 

スマートフォンからFacebookのアプリを削除しました

僕は暇があるとついついFacebookを見てしまうところがあります。1日にどれくらいの時間Facebookを見ているか分かりませんが、アプリを消したことでどれだけ自分が依存していたか気付かされました。

 

暇があるとついついやってしまう習慣を断った今、生活が少しずつ変化しました。本を読んだり、一人で考えたり。あと良い音楽を聴く時間が増えました。

最近は朝、4時半〜5時頃に目が覚めて、一人で静かな朝を過ごしています。

 

朝起きて、リビングのソファに座って一人でぼーっと、何も考えずに座ります。頭がスッキリしたところで本を読んだり、人生のことを考えたりして朝1〜2時間過ごしています。この朝の時間に色々と神様が僕に語っている感じがして、温かい気持ちになります。外が明るくなってきたところでカーテンを開けると綺麗な景色。神様、こんな景色創ってすごいなぁ、芸術家だなぁと思いながらコーヒーを入れる。僕にとって贅沢な時間です。

静かな時間を過ごす、このquiet timeは僕に必要なことでした。忙しく過ごしているときには思いつかなかったことが思いつき、感情が豊かになります。僕は毎朝聖書を読んでいるのですが、言葉が心に響いてじーんとします。忙しく過ごしているときは言葉が心に届かないことも多かったとおみます。今は言葉に感動し、自然と涙が出てきます。ああ、僕は愛されているんだ、僕は守られているんだ、と神様から愛の手紙を読んでいるような感覚になり、不安や負の思いが消えて穏やかになります。

僕は心には良い言葉、良い価値観を入れていきたいです。このquiet timeの時間はどれだけ忙しくても大切にしていきたいなと思いました。

 

tatsu

心に語りかける嘘の言葉

お久しぶりです。tatsuです。

大学院春学期の試験とレポートを無事に終え、結果待ちの状態です。きっと良い成績がつくと思います。この1年間、夫婦でよくがんばった!!

仕事の方も1学期が終わり、夏休みに入りました。やっと落ち着いた時間を過ごせます。この夏は今まで読めなかった本を読み、できれば自然を見に行ったり友人に会ったりしてたくさん遊びたい(笑)

 f:id:tatsutomoblog:20170723095133j:plain

今、スターバックスでホットティを飲みながら記事を書いています。さっきまでパーソナリティ障害の本を読んで勉強をしていました。愛情不足がこういう障害を引き起こすのかと、勉強すればするほど現代人の多くが生きること自体に希望や喜びを失い、生きづらさを感じていることを実感します。パーソナリティ障害についてもいつか記事が書けたらなと思います。

今日は「自分の心に語りかける嘘の言葉」について書きたいなと思いました。嘘の言葉で苦しめられている人はたくさんいると思います。僕も苦しめられました。

例えば「私には生きている価値がない」、「私は最低な人間だ」、「私にはできない」、「何をやっても無駄だ」、「私はカッコ悪い(可愛くない)」などです。

これらは全て嘘の言葉。あなたに相応しくない言葉です。

 

大学院で心理学の勉強をしていて「自動思考」というものを学びました。自動思考は簡単にいうと、その人の考え方の癖です。例えば、クラスメイトが声をかけてくれなかっただけで「自分は嫌われている」と思ったり、仕事でちょっとしたミスをしただけで「私はダメな人間だ」と思うこと、これは自動思考です。自動思考によって苦しめられている人は多いのではないでしょうか。自動思考によって負の言葉が心を支配し、うつ病になる人は多いと思います。

 

僕も「生きている価値がない」という自動思考があり、長い間自分を責めて生きてきました。これが僕の自信のなさにも繋がっていたと思います。

自分に価値がないと思うのには理由があります。僕は過去を振り返り、そう思う背景を理解することで自然と自分を責めなくなりました。自分を理解することで負の自動思考から解放される体験をしました。

生きることに希望や喜びをもつためには、まずは自分を知ることが大切だと思います。自分を知れば知るほど自由になり、喜びの中で生きることができるという体験をしています。

 

本来、人は愛されるべき存在です。無駄な人間なんていません。

嘘の言葉に騙されないで。あなたは大切な人間なのだから。

 

tatsu

子どもたちの夢

tatsuです。今週から新年度が始まりました。

新しい学年で、また新しい関係を作っていく。今年はどんなドラマが待っているんだろう。今は緊張感よりも期待感の方が強いです。子どもたちと濃い時間を過ごして、もっと深い関係になれたらいいなと思っています。

f:id:tatsutomoblog:20170408110857j:plain

学校で高校生たちと「将来の夢」について話すことがあります。「将来の夢は何ですか?」と質問を投げかけると「私は将来デザイナーになりたい!」、「貧しい国に学校を建てたい!」とキラキラした目で具体的に答える子もいればそうでない子もいます。私はなにがやりたいんだろう・・・夢を持っていない子どもの方が多いです。

僕が特に気になったのは女子高生の多くに見られる将来の夢です。「将来それなりの人と結婚して専業主婦になって、安定した生活をしたい」という声をよく聞きます。僕はこれを聞く度に複雑な気持ちになります。最近、こういう夢(?)を持った女の子が増えているように感じています。

 

今、日本では子どもたちが夢を持つことができなくなってきています。自分が人生をかけてやりたいことが分からない。自分が何のために存在しているか分からない。情熱を持って取り組めるものがない。ここまでくると、何のために生きているのか分からなくなります。

「それなりの人と結婚して専業主婦になって、安定した生活をしたい」ということは、医者や弁護士と結婚できたらその人の人生は成功したことになるのでしょうか。僕には人ではなく「お金」と結婚したいように見えます。果たしてそれは本当に幸せなことなのでしょうか。

 

子どもたちが思い描いている幸せとは「安心」なのかなと話を聞いていて思いました。それだけ日本社会には不安なことが多いです。それは自分ひとりで生きていく不安であったり、お金の不安であったり。子どもたちは将来に対しての不安が大きく、希望を見出せないでいます。子どもたちと一緒に生活をしている大人の不安が子どもたちに伝染しているように見えます。

そして結婚に対して夢を持てないのは良い夫婦のモデルを見ていないからだと思います。両親が互いを心から愛し、子どもたちの周りに愛の溢れるカップルがたくさんいれば、結婚に対してもっと良いイメージを持てるはずです。

親の生き方、価値観、愛情は子どもに大きな影響を与えます。子どもはそれを見て育ち、人生を思い描きます。「それなりの人と結婚して安定した生活をする」という子どもたちの思いは、大人の安心したい思いそのものなのかもしれません。

 

僕もカウンセリングを受けて自分の心と向き合わなかったら、今関わっている子どもたちと同じように不安と戦う人生だったかもしれません。不安を感じないために周りに合わせ、周りと同じような人生を歩んで安心していたかもしれません。でも、それでは生きている感じがしません。 僕はそこから脱することができ、今は自分が生きている感じがして幸せです。

神様は一人ひとり、目的をもって創造されたと僕は信じています。あなたが創られた理由があります。人生をかけて、情熱を持って取り組みたい何かがあると思います。それが見えないのは、周りから色んな影響を受けて見えないようにされてしまったからです。

どうか希望を失わないでください。「夢」は誰でも持てるものです。

日本の子どもたちが安心して夢を持てる社会になりますように。心から願っています。

 

tatsu

諦めないでよかった

tatsuです。本当に久しぶりの更新になります。ブログを楽しみにしている読者の皆様、全然更新していなくてすいません^^;

今日は僕の過去について、少し紹介しようと思います。少し辛い内容です。

f:id:tatsutomoblog:20161224221642j:plain

今、近くのスターバックスでこの記事を書いています。2016年度の仕事が終わり、2017年度に向けてエネルギーをチャージしています。春休みは普段会えない友達に会ったり、長い間連絡を取っていない友人にメールを送ったり、サックスを吹きに出掛けたり、今日みたいにカフェでゆっくりと自分の読みたい本を読んでひたすらインプットをしていました。教師という仕事はたくさんインプットする必要がある職業です。本を読んだり、自然を見たり、色んな人と会って刺激を受け、良いところを吸収し、子供達の前で自分なりにアウトプットをするのが教師の仕事だと感じています。そういう意味では良い春休みを過ごせました。来週から2017年度が始まりますね。ちょっとドキドキ、かなりワクワクしています。新年度が楽しみだ!

 

ここ数日、僕は過去の日記を見て振り返っていました。目に留まったのが7年前、2010年の日記。僕にとって人生のターニングポイントになる重要な年でした。本当の自分を見つけ、自分の人生を歩むために治療を受け始めた年です。

治療を受け、僕は今まで目を逸らしてきた鬱状態の自分を直視することになりました。本当は仕事に行きたくない。本当は生きていたくない。死にたい。本当は人が怖い。人に会いたくない。本当はひどく疲れているのに、それを見ないようにして生きてきた自分。当時は自殺願望、対人恐怖、不眠症、頭痛、吐き気など様々な症状で苦しみ、生きるので精一杯でした。このような状態の自分を受け入れ、頑張るのをやめて休職する決断をし、自分を大切に、自分を守ることに専念しました。

休職してから半年、ある程度治療が進み、僕が日記に書いていた一つの言葉が印象的でした。

 

「諦めないでよかった」

 

絶望しかなかった人生に、小さな光が見え始めたときでした。過去を振り返り、自分の問題と向き合うことは楽なことではありません。カウンセリングというものはカウンセラーに悩みや不安、怒りを話してスッキリして終わりではないのです。本当の回復とは、なぜ人が怖いのか、なぜ自殺願望があるのか、なぜ自分に自信がないのか、過去を振り返って原因を探り、問題の根っこを見つけて受け入れることです。これは決して楽な作業ではありません。

諦めずに治療に取り組んだ結果、病との戦いの後には自由と希望があると思えるようになりました。そして今、確かに僕には自由と希望があります。僕にとってカウンセリングなしでは考えられないことです。

 本当に諦めないでよかったと思います。今では鬱病で休職した経験は全て神様の計画だったんだと確信しています。あの苦しい経験は僕が自由になるために必要なものだったんだと、素直に受け入れることができます。

 

治療を受けている人々が諦めずに希望を持つことができますように。

「諦めないでよかった」と思える日が必ずきます。

 

tatsu

ちょっぴり早い誕生日

tatsuです。今日は学校で嬉しいことがありました。

f:id:tatsutomoblog:20161219173239j:plain

毎週月曜日の1時間目には高校3年生の授業が入っているのですが、今日がそのクラスの最後の授業でした。授業の準備をしているとある生徒がこう言います。

「ちょっと早いですが、先生!お誕生日おめでとうございます!!」

そしてクラスみんなが拍手をしながらハッピーバースデーを歌ってくれて、生徒が誕生日ケーキを僕のところに持ってきてくれました。昨日僕のために焼いてくれた手作りケーキだそうです。こんな風に祝ってもらえるなんて思っていなかったので、感動して思わず泣いてしまいました。なんて温かい生徒たちなのでしょう。そしてこういう生徒たちに囲まれている僕は本当に幸せ者です。

 

カウンセリングを受ける前、僕は今のように生徒たちとの関係を築くことができませんでした。人が怖くて、どうしても生徒と距離をとってしまい、必要最低限のコミュニケーションしかできていなかったように思います。日々の仕事や生活でいっぱいいっぱいで生徒を愛することはできていませんでした。

カウンセリングを通して自分を大切にすることを学び、今では意識しなくても自然と生徒のことを大切に思えるようになり、子供達が大好きになりました。この変化は一番近くにいるtomoが実感しています。

 

カウンセリングを受けてきて思うのが、「自分を愛せないと人を愛せない」ということです。以前の僕は自分のことが嫌いでした。自分のことが嫌いだと、自分が愛で満たされたいがために、誰かに愛されることを求めます。これでは子供や異性を愛することはできません。まずは自分が愛されないといけないのです。カウンセリングは自分と向き合い、自分を許し、自分を愛するためのものです。僕はカウンセリングを受けたことによって大嫌いな自分から抜け出すことができました。今は自分が好きで、自分を大切にしようと思えます。この変化は大きいです。

 

ちょっぴり早い誕生日、うれしかったなぁ。こんな素敵な日にしてくれた生徒たちに感謝しています。ありがとう。

 

tatsu

かけがえのない宝物

tomoです。

 

f:id:tatsutomoblog:20161203150049j:plain

今日は近くの公園に夫婦で散歩に行った。かわいい子どもがいて、犬も歩いていて、行くたびに葉っぱや花の色や景色が違っていていつでも楽しめるお気に入りの公園。私は自然が大好き。緑いっぱいの中で深呼吸して、自然が織りなす色の美しさに感動して、いつも疲れがすーっと抜けていく感じがする。

職場も森みたいなところで、鳥のさえずりを聞きながら青空を見あげて、森林浴で深呼吸は最高。私の家の前も青々としていた木々が色づき、気が付いたらハラハラと落ちていた。そういう景色をのんびり眺めながら過ごす時間がとても好き。そういえば好きなものに囲まれて生活してるんだなととても嬉しくなった。

公園で散歩をしながら、いろんなことを話した。今学んでいる心理学の話、将来の家族の話、大切な友達の話、私たちはベストフレンドのようにいつでもなんでも話す。

好きなものに囲まれ、また私の一番の理解者、ベストフレンドがそばにいるということはなんて幸せなんだろうと思ったら、幸せで満たされて、涙があふれてきそうだった。

 

セラピーを受ける前、受けている間は、こんなに幸せな生活が待っているとは思わなかった。ずっと暗い暗い森の中を一人でとぼとぼ歩いているような感覚で、出口はあるのか、回復するのか、幸せになれるのか、行く末がわからずとても不安だった。自分の人生に幸せなイメージなど持てなかった。

でもセラピーを受けて回復するという経験をして、私自身何も自慢できるものもカッコイイものも持ってない者だけど、心は満ち溢れるものでいっぱいだ。これを「幸せ」という言葉に置き換えられるのかわからないけれど、嬉しくて嬉しくて、アラレちゃんのような足取りで世界一周して、叫びたいぐらいの感情が心の中から湧き上ってくる。それがいつか消えるようなはかないものではなくて、どっしりとしたもので、日ごとに深みを増して、優しさや人格の成長というような幅を広げながら、大きくなっていっているような気がする。時々、温かいような嬉しいような思いが溢れて涙があふれてくる。その優しさに包まれるような涙で、自分自身も満たされ、言葉で表せない幸せに満たされる。

世界一の大金持ちや有名人も適わないような、幸せ者、祝福された者だと自分のことを自分でも思う。それは人目に目立つような形でないけれど、静かにそして確実に心に存在するものだ。

自分の中の本当の自分がセラピーによって回復し、この世界で生きられるようになったということは、何にも代えがたい宝物を見つけたようなものだと思う。

セラピーは、病気の人のためだけにあるものでなく、人生をより豊かにより真実に幸福に生きられるよう助けてくれるものだと思う。

そこから得られるものは、かけがえのない宝物になると思う。自分自身を見つけること、理解すること、それは世界中の何を得るよりも大切で一番意味のあることだ。そのぐらいあなたは特別で、愛されるべき存在。尊い人。世界でただ一人の人。

 

皆さんの心の旅が、温かい光で照らされますように・・・

 

tomo