tatsutomo’s blog

夫婦でカウンセラーを目指しているtatsuとtomoのブログです

人は他人に理解されると心が強くなる

tatsuです。

今日は朝からカフェにいます。天気が良いのでお散歩に行きたいところなのですが、花粉症がひどくて外にでれないという・・・。散歩日和なのに外に出れないのがとても残念です。

f:id:tatsutomoblog:20180329121323j:plain

さっきまで大学院のレポートを書くために自分のアイデアをまとめていました。授業でとったノートを眺めていたら、こんな言葉が書いてありました。

 

「人は他人に理解されると心が強くなる」

 

これは僕が尊敬している先生が授業中に言っていた言葉です。先生は現役セラピストなのですが、実際に何年もセラピーをしてきて、クライアントさんたちが回復していく姿を見てきたから言えたんだと思います。

 

辛い気持ちを誰かに話した時に理解されないと辛いですよね。せっかく気持ちを言ったのに理解されず、否定されたように感じてしまい、もう話したくないと心を閉ざしてしまうこともあると思います。

僕は自分の気持ちを話したときに「辛いのはあなただけではない」と言われてしまうと話さなければよかったと思ってしまいます。もしくは「あなたが悪い。あなたが変わる必要がある。」と辛い話をしているのに追い打ちをかけるように説教をされると、二度と相談なんてするもんか!と思います。

 

辛い話をしたときにじっくりと話を聞いてくれて、その時の感情や気持ちを受け止めてくれる人がいると元気になります。その人の立場になって理解することは愛です。誰でも理解者が欲しいと心では願っていると思います。

 

先日アタッチメント・トラウマに関する記事を書きましたが、人はアタッチメント(愛着)を通して心が強くなっていきます。

子供はお母さんという安心できる存在の中で成長していきます。どんなことをしても見捨てられない、自分を理解し、味方でいてくれる人がいる。母という安全基地があることで外に出ていって他人に傷つけられたとしても崩れずに自分でいられます。そして傷つくようなことを言われても傷つかなくなっていきます。

 

母でなくても、自分にとっての理解者がいると強くなれます。それは友人であったり、恩師であったり、家族であったり、セラピストであったり、人によって様々です。

 

みなさんにとっての安全基地は誰になりますか?

 

僕には長い間安全基地がありませんでした。その結果、心が病んでしまって病気になってしまったことがあります。しかし、病気を通してセラピストという安全基地を見つけ、時間はかかりましたが元気になることができました。今は妻も僕の安全基地です。自分が理解されることがどれだけ心理的に大事なことか、身をもって体験しました。

 

人は誰でも理解者を求めていて、それは自然なことです。

心が強い人、メンタルが強い人には必ず良き理解者がいます。

 

辛いことがあったとき、一人で抱え込まないでくださいね。誰かに話をして理解されると元気になります。セラピストはそのためにいます。僕はまだセラピストではありませんが、今できることとして自分が体験したことをシェアしていきたいと思っています。

 

今日もみなさんがハッピーでいられますように。Have a nice day :)

 

tatsu